特定技能(外食)(16-5-2024)

名前  -  Yamone Thinn Thinn , Thazin Myint Aung
ビザ種  - 特定技能
職種  -  外食
給料  ⁻ 185,000 円
出発日 ⁻ 16.5.2024
職場 – Kagoshima ken

夢行き日本語学校から技能実習溶接として面接合格した学生日本に向けて出発しました。
無事で到着するように。🤗🤗

ミャンマー語の挨拶:現地で役立つ基本フレーズと文化理解

ミャンマーを訪れる際、現地の言語で挨拶をすることは、文化を尊重し、現地の人々とのコミュニケーションを円滑にするために重要です。この記事では、ミャンマー語(ビルマ語)の基本的な挨拶フレーズを紹介します。

 

1. こんにちは – မင်္ဂလာပါ (Mingalaba)

「こんにちは」はミャンマー語で「မင်္ဂလာပါ (Mingalaba)」と言います。このフレーズは、朝から晩まで使える一般的な挨拶です。誰に対しても使える万能なフレーズですので、まずはこれを覚えましょう。
例文:
– ミャンマーの人々に会ったとき:「မင်္ဂလာပါ!」
 

2. おはようございます – မင်္ဂလာနံနက်ခင်းပါ (Mingalaba Nan Nakaung Pa)

「おはようございます」は「မင်္ဂလာနံနက်ခင်းပါ (Mingalaba Nan Nakaung Pa)」と言います。朝の挨拶として使われます。
例文:
– 朝食の時に:「မင်္ဂလာနံနက်ခင်းပါ!」

 

3. ありがとう – ကျေးဇူးတင်ပါတယ် (Kyayzu Tinbade)

「ありがとう」は「ကျေးဇူးတင်ပါတယ် (Kyayzu Tinbade)」と言います。感謝の気持ちを伝える際に使います。
例文:
– 誰かに助けてもらった時:「ကျေးဇူးတင်ပါတယ်!」

 

4. さようなら – တာ့တာ (Tat Ta)

「さようなら」は「တာ့တာ (Tat Ta)」と言います。別れの挨拶として使います。
例文:
– 帰る時に:「တာ့တာ!」
 

5. はい、いいえ – ဟုတ်ကဲ့ (Hote Keh) / မဟုတ်ဘူး (Ma Hote Bu)

「はい」は「ဟုတ်ကဲ့ (Hote Keh)」、「いいえ」は「မဟုတ်ဘူး (Ma Hote Bu)」と言います。日常の会話で頻繁に使われます。

例文:
– 質問に対して:「ဟုတ်ကဲ့」「မဟုတ်ဘူး」

ミャンマー語の挨拶を学ぶことで、ミャンマーの人々とのコミュニケーションがよりスムーズになります。簡単なフレーズでも、現地の言葉で話しかけることで、より親近感が湧き、良好な関係を築くことができます。また、ミャンマーと日本の交流がますます盛んになる中、夢行きエージェンシーはミャンマーから日本への労働者派遣を支援しています。夢行きエージェンシーを通じて日本に来るミャンマーの方々にとって、こうした挨拶フレーズを覚えておくことは、日本での生活を円滑にし、現地の人々と良好な関係を築くために役立つでしょう。

特定技能(介護)(13-5-2024)

名前  -  Khin Sandar Myint ,Cherry Po,Khin Lay Nwe
ビザ種  - 特定技能
職種  -  介護
給料  ⁻ 170,000 円
出発日 ⁻ 13.5.2024
職場 – 山口県

夢行き日本語学校から技能実習溶接として面接合格した学生日本に向けて出発しました。
無事で到着するように。🤗🤗

特定技能(外食)(09-5-2024)

名前  -  Chue Sandar Lin,Ei Zin Htike
ビザ種  - 特定技能
職種  -  外食
給料  ⁻ 168,376 円
出発日 ⁻ 9.5.2024
職場  –   Hiroshima ken

夢行き日本語学校から技能実習溶接として面接合格した学生日本に向けて出発しました。
無事で到着するように。🤗🤗

ミャンマーの至宝:モヒンガーの味わい深い旅

イントロダクション
モヒンガは、ミャンマーの国民食として称される、美味しくて心温まる魚のスープです。朝食に好んで食べられ、その複雑な味わいと心地よい温かさで、多くの人々に愛されています。

特徴
モヒンガは、魚のスープにライムの絞り汁、茹でた米の麺、香草を添えた料理です。一般的に、魚を使ったモヒンガはさまざまな地域で楽しまれており、それぞれの地域で異なる味わいとスタイルが特徴です。しかし、どのバージョンも豊かなスパイスと香り高い香草が特徴です。

調理法
モヒンガの調理法は、一般的には以下のような手順に従います。まず、魚を煮込んで出汁をとり、それに香辛料やハーブを加えて味を調えます。次に、茹でた米の麺をスープに加え、熱々の状態で供します。最後に、ライムの絞り汁や薬味をトッピングして、さらなる風味を加えます。

文化的意義
ミャンマーでは、モヒンガは家庭の朝食からストリートフードまで、幅広い場面で楽しまれています。また、特別な日や祝祭日にもよく食べられることがあり、家族や友人との絆を深める機会として重要な役割を果たしています。

モヒンガは、ミャンマーの文化と伝統を反映した美味しい料理であり、その豊かな風味と温かさは、多くの人々に愛されています。ミャンマーを訪れた際には、ぜひこの国民食を味わってみてください。

 

ミャンマーの人々と文化

皆さん、こんにちは!

今日は、夢雪雇用エージェンシーからミャンマーの人々と文化についてお話ししたいと思います。ミャンマーは、その美しい景色や豊かな歴史だけでなく、温かくて親しみやすい人々で知られています。夢雪雇用エージェンシーは、ミャンマーからの労働者と企業を結びつけることに長年取り組んできました。

まず第一に、ミャンマーの人々は非常に家族中心の文化を持っています。家族は彼らの生活の中心であり、非常に緊密な関係を築いています。これは、彼らが仕事や社会生活での成功よりも、家族の幸福を優先する傾向があることを意味します。

また、ミャンマーの文化は、尊敬と礼儀正しさを重んじることでも知られています。年長者や上司に対する敬意は非常に重要であり、これはビジネス環境でも同様です。夢雪雇用エージェンシーは、ミャンマーからの労働者が新しい環境で円滑に適応し、成功するために、この文化的な側面に焦点を当てています。敬意と礼儀正しさを示すことは、円滑な労働関係の確立に不可欠です。

最後に、ミャンマーの人々は温かくて親しみやすい性格を持っています。彼らは新しい人々との交流を楽しむことが多く、外国人に対する好奇心と歓迎の気持ちを持っています。夢雪雇用エージェンシーは、このポジティブなエネルギーを活かし、ミャンマーの労働者が海外で成功するためのサポートを提供しています。

ミャンマーの人々と文化は多様で魅力的です。夢雪雇用エージェンシーは、ミャンマーからの労働者と企業がお互いを理解し、尊重し合えるよう、文化的な相違点を認識し、活用することを重視しています。私たちは、ミャンマーと日本の間で素晴らしい労働関係を築くために、これらの文化的な特徴を大切にしています。

皆さんも、ミャンマーの人々と文化について興味を持たれた方は、ぜひ夢雪雇用エージェンシーにお問い合わせください。私たちはあなたのビジネスに最適なミャンマーの労働者を見つけるお手伝いを致します!

それでは、次回のブログでお会いしましょう!

夢雪雇用エージェンシーチームより

特定技能(外食)(03-5-2024)

名前  -  Khin Pyae Phyoe
ビザ種  - 特定技能
職種  -  外食
給料  ⁻ 199,285 円
出発日 ⁻ 3.5.2024
職場  -  Ehime ken

夢行き日本語学校から技能実習溶接として面接合格した学生日本に向けて出発しました。
無事で到着するように。🤗🤗

特定技能(飲食料品製造業)(02-5-2024)

名前  -  Aung Ko Ko, Soi Thae Su Aung ,Khin Su Su Thwe
ビザ種  - 技能実習生
職種  -  food manufacturing
給料  ⁻ 164,667 円
出発日 ⁻ 2.5.2024
職場 – Okayama ken

夢行き日本語学校から技能実習飲食業として面接合格した学生日本に向けて出発しました。無事で到着するように。🤗🤗

特定技能(溶接業)(02-05-2024)

名前  -  Than Htay Aung ,Arkar Oo
ビザ種  - 技能実習生
職種  -  Welding
給料  ⁻ 170,240 円
出発日 ⁻ 2.5.2024
職場 – Hyogo ken

夢行き日本語学校から技能実習溶接として面接合格した学生日本に向けて出発しました。
無事で到着するように。🤗🤗

ミャンマー送り出し機関が提供するウェイターのマナー教育とその効果

はじめに
外食のレストランやカフェでの食事体験は、お客様にとって心地よいものでなければなりません。その中で、ウェイターのマナーは非常に重要です。今回は、外食のウェイターとして、どのようなマナーが求められるのかについて考えてみたいと思います。

挨拶
お客様を席にご案内する際には、暖かく歓迎するような態度で挨拶をしましょう。「いらっしゃいませ」と言うのはもちろんですが、「こんにちは」と言うのも良いでしょう。

席への案内
お客様を席にご案内する際には、丁寧に対応しましょう。メニューをお渡しし、必要に応じてメニューの説明やおすすめの料理をご案内します。

注文の受け付け
お客様がメニューをお読みになる間は、静かにお待ちしましょう。お客様が注文をされる際には、注意深く聞き、正確に注文を受け付けます。

サービス
料理やドリンクを迅速かつ丁寧にお届けします。適切なトレーを使用して料理を運び、それぞれの料理がきれいに盛り付けられているかを確認します。

気配り
お客様の食事中は常に気配りをしましょう。食事の進行状況を確認し、ドリンクが空になったら迅速に補充したり、空の皿を片付けたりします。

礼儀正しさ
いつも礼儀正しく丁寧な態度を保ちます。お客様には「お客様」と敬語で呼びかけ、尊敬の意を示します。

コミュニケーション
お客様とは明確かつ丁寧にコミュニケーションを取ります。お客様の要望やフィードバックに注意深く耳を傾け、適切に対応します。

確認
料理が提供された後は、お客様の満足度を確認します。お客様の要望や不満があれば、速やかに対応し、解決策や代替案を提供します。

お会計
お客様がお支払いの準備ができたら、丁寧にお会計をお渡しします。お客様に感謝の意を示し、またのご利用をお待ちしていますと伝えます。

お別れ
お客様が帰られる際には、心から感謝の意を示し、またのご来店をお待ちしていますと伝えます。「ありがとうございました」と「ごちそうさまでした」の言葉を添えましょう。

さらに、弊社は特定技能ビザの学生にもこれらのマナーをトレーニングしています。弊社のトレーニングプログラムにより、外食業界で働くための必要なスキルやマナーを学び、日本の飲食業界でのキャリアを築く手助けをしています。

このようなマナーを守ることで、お客様に心地よい食事体験を提供し、彼らの満足度を高めることができます。これらのマナーを実践して、素晴らしいサービスを提供しましょう。

お問い合わせ CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

+81-80-7392-7499

電話受付:平日9時〜17時

mail icon