ブログ Blog

16/05/2024

ミャンマー語の挨拶:現地で役立つ基本フレーズと文化理解

ミャンマーを訪れる際、現地の言語で挨拶をすることは、文化を尊重し、現地の人々とのコミュニケーションを円滑にするために重要です。この記事では、ミャンマー語(ビルマ語)の基本的な挨拶フレーズを紹介します。

 

1. こんにちは – မင်္ဂလာပါ (Mingalaba)

「こんにちは」はミャンマー語で「မင်္ဂလာပါ (Mingalaba)」と言います。このフレーズは、朝から晩まで使える一般的な挨拶です。誰に対しても使える万能なフレーズですので、まずはこれを覚えましょう。
例文:
– ミャンマーの人々に会ったとき:「မင်္ဂလာပါ!」
 

2. おはようございます – မင်္ဂလာနံနက်ခင်းပါ (Mingalaba Nan Nakaung Pa)

「おはようございます」は「မင်္ဂလာနံနက်ခင်းပါ (Mingalaba Nan Nakaung Pa)」と言います。朝の挨拶として使われます。
例文:
– 朝食の時に:「မင်္ဂလာနံနက်ခင်းပါ!」

 

3. ありがとう – ကျေးဇူးတင်ပါတယ် (Kyayzu Tinbade)

「ありがとう」は「ကျေးဇူးတင်ပါတယ် (Kyayzu Tinbade)」と言います。感謝の気持ちを伝える際に使います。
例文:
– 誰かに助けてもらった時:「ကျေးဇူးတင်ပါတယ်!」

 

4. さようなら – တာ့တာ (Tat Ta)

「さようなら」は「တာ့တာ (Tat Ta)」と言います。別れの挨拶として使います。
例文:
– 帰る時に:「တာ့တာ!」
 

5. はい、いいえ – ဟုတ်ကဲ့ (Hote Keh) / မဟုတ်ဘူး (Ma Hote Bu)

「はい」は「ဟုတ်ကဲ့ (Hote Keh)」、「いいえ」は「မဟုတ်ဘူး (Ma Hote Bu)」と言います。日常の会話で頻繁に使われます。

例文:
– 質問に対して:「ဟုတ်ကဲ့」「မဟုတ်ဘူး」

ミャンマー語の挨拶を学ぶことで、ミャンマーの人々とのコミュニケーションがよりスムーズになります。簡単なフレーズでも、現地の言葉で話しかけることで、より親近感が湧き、良好な関係を築くことができます。また、ミャンマーと日本の交流がますます盛んになる中、夢行きエージェンシーはミャンマーから日本への労働者派遣を支援しています。夢行きエージェンシーを通じて日本に来るミャンマーの方々にとって、こうした挨拶フレーズを覚えておくことは、日本での生活を円滑にし、現地の人々と良好な関係を築くために役立つでしょう。

お問い合わせ CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

+81-80-7392-7499

電話受付:平日9時〜17時

mail icon